公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > エクササイズ体験(動画)
エクササイズ体験(動画)
世田谷区保健センターの教室・講座等でレッスンしている運動を、動画でご紹介しています。運動指導員の動きを参考に、自宅でエクササイズを体験してみましょう!
体の具合が悪かったり、体に痛みがある場合は無理をせず、その日の体調に合わせて行いましょう。
健康づくり教室バナー

簡単筋力づくり運動
スクワット運動
スクワット運動画像 スクワット運動で、足腰を鍛え、寝たきりにならないようにしましょう。
動作は使っている筋肉を意識しながら、ゆっくりと息を吐きながら行います。
膝を曲げた時、膝がつま先より前にでないのがポイントです。



目的別ストレッチ体操
テレビやパソコンの合間に行うストレッチ体操
テレビやパソコンの合間に行うストレッチ体操画像 長時間の同じ姿勢や家事労働は、肩・背中・腰に負担をかけます。
ちょっと一息!筋肉をほぐすと血行が良くなり、痛みや疲れの予防に役立ちます。



楽しく体操体験
ID体操(中高年向け)
ID体操(中高年向け)画像 音楽に合わせながら、気持ちよ良くカラダを動かしましょう。
日頃、使わない筋肉を動かしたり、のびのびした動作で心も体もリフレシュさせましょう。



エフエム世田谷で紹介したワンポイント体操
第13回目放送 椅子でじっくりスクワット 第13回目放送 椅子でじっくりスクワット
椅子でじっくりスクワット画像 手を合わせ両手を引き上げことで、肺や胸が広がりさらに深い呼吸が行えます。
椅子でじっくりスクワット画像

太ももの筋肉を意識しながら、じっくり動きます。膝をまげた時、膝がつま先より前にでないのが大切です。

第13回目放送 椅子でじっくりスクワット 第13回目放送 椅子でじっくりスクワット
椅子でじっくりスクワット画像 S字を描く背骨は腰の部分でなだらかに反っています。
腰や背中に痛みや疲れを感じたら、大きなボールを抱えるようにしてストレッチでリフレッシュ!

椅子でじっくりスクワット画像 最も大切な呼吸法。生きるために重要な動きに他なりません。
「吸う」と「吐く」のふたつの行為で肺の働きを改善し、免疫力を高め疲れにくい身体をつくります。

第13回目放送 椅子でじっくりスクワット 第13回目放送 椅子でじっくりスクワット
椅子でじっくりスクワット画像 上がり続ける階段は大変!「上がり降り」なら意外と持続可能です。
筋力アップとスタミナ向上を。
無理せず様子をみながら、10分くらいを目標に

椅子でじっくりスクワット画像 普段の、腕をおろした状態は脇腹もたるみっぱなし。
「バンザイ背伸び」からさらに伸び〜る感じを強調。

第13回目放送 椅子でじっくりスクワット 第13回目放送 椅子でじっくりスクワット
椅子でじっくりスクワット画像 肘で円を描くようにして、肩関節周辺をなめらかに動かしましょう。
肩こり予防。作業の合間にリフレッシュ。

椅子でじっくりスクワット画像 股関節を自由に動かしましょう。
又、立っている片足も平衡感覚と筋力を刺激します。

第13回目放送 椅子でじっくりスクワット 第13回目放送 椅子でじっくりスクワット
椅子でじっくりスクワット画像 立つ・歩く。常に使われる大切な筋肉です。ちょっとした合間にこまめに伸ばしましょう。
つりやすい方やむくみの予防にも有効です。

椅子でじっくりスクワット画像 ふと気づくと、ゆるんでいるおなか。ちょっとした合間にフッとおなかを引き締めてみましょう。腰痛予防や姿勢、プロポーションの改善になります。
肩や首はリラックス。呼吸は胸式になります。

第13回目放送 椅子でじっくりスクワット   第13回目放送 椅子でじっくりスクワット
椅子でじっくりスクワット画像 日頃縮んでいる、お腹や脇を、気持ち良く引っ張り上げるように伸びをしましょう。
猫背予防や普段の姿勢改善につながります。

椅子でじっくりスクワット画像 二足歩行の人間が片足にしっかり重心を乗せることは、気軽にできるトレーニングです。
転倒予防にも役立ちます。

 
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.