公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 検診・健診 > がん検診 > 大腸がん検診
大腸がん検診
食生活の欧米化に伴う大腸がんの発生
大腸がん検診イラスト近年、高タンパク、高脂肪食の摂取など食生活の欧米化に伴い、男女ともに大腸がんが増えています。がんは腺腫といわれるポリープ状の病変から発生することが多いといわれています。

そのポリープ(腺腫)内に早期のがんがある場合は、内視鏡で見ながらポリープを切除することで完治できるなど、早期に発見・治療すればそのほとんどが治ります。

早期がんでは、目に見えない程度のごくわずかな出血がみられることがあります。自覚症状のない時期に大腸がん検診を受けることで、早期発見に役立てましょう。

大腸がんの検査はとても簡単です。送られてきた採便容器に2日間の便を採って提出するだけで食事の制限はありません。対象は40歳以上の区民の方です。年に1回の受診をお勧めします。



以下の様な方は、大腸がん検診をお勧めします。

1.下痢と便秘が交代で起こる。
2.排便のあと、まだ残っているようですっきりしない。
3.過去に、便に血が混じったことがある。
  4.貧血がある。
5.おなかが張る。
6.なんとなく下腹に違和感がある。

※早期の大腸がんは、ほとんど自覚症状が見られませんので、症状のない時から検診を受けることが、なにより大切です。


検診内容と流れ
検査器材写真1.説明書の確認
センターから採便容器が届きますので、同封されている説明書を読み、正しく採取してください。

2.採便
採便をします。(2日分とってください)

3.提出
採取した便を提出します。
問診票などに記載もれがないかを確認し、封筒に入れ提出します。

提出先:
  (1)世田谷区保健センター
  (2)世田谷区内の各総合支所 健康づくり課
  (3)胃がん検診の検診車(胃がん検診と同時受診)

4.検診結果について
2週間程度でご自宅へ郵送いたします。

「便潜血検査」は保健センターの検査室で行っています。

便潜血検査とは…
大腸粘膜などの消化管から出血した血液を検出する検査です。目に見えない微量な出血も調べることができます。 この検査はヒトのヘモグロビンだけ検出しますので、食事の影響を受けません。


大腸がん検診の結果、さらに精密検査が必要とされたら…
検査結果が陽性の場合は、精密検査が必要になります。かかりつけの医師または最寄りの医療機関にご相談し、精密検査を必ずお受けください。なお、保健センターでも医療機関からの検査依頼があれば、精密検査(下部消化管内視鏡検査)を行っています。

陰性(異状なし)の場合
今回の便潜血検査では異常がありません。ご安心ください。
念のため年1回の検診をお勧めします。
(ただし、なにか自覚症状がある場合は、陰性でも早めに病院へ行き受診しましょう。)

詳しくは、下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡)ページをご覧ください。


お申込み方法イラスト お申し込み方法
 
対象
40歳以上の区民の方

検診内容
お申し込み後、ご自宅に届いた採便容器で2日間分の便を採便し、ご提出いただきます。郵送による提出はできません。検体提出先などの詳細は、同封されている説明書でご確認ください。

※胃がん検診と同時にお受けいただくことをお勧めします。申込時にご相談ください。

費用
200円

申込方法
以下のいずれかの方法にて、お申し込み下さい。

1.当サイトのがん検診申込ページからお申し込みください。
2.世田谷区保健センターに、お電話でお申し込みください。
  受付電話番号:03−3410−9101 医事係
3.世田谷区保健センターの1階受付窓口で、お申し込みください。
4.「区のお知らせ」または「町会などの回覧」等に募集が載ったとき、紙面の申し込み先へお申込みください。
 
検診・健診
がん検診
健康診断
その他の健診
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.