公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康増進 > 運動負荷測定
運動負荷測定
運動時の心臓のチェック
トレッドミル運動負荷測定&運動処方
トレッドミルイラスト「トレッドミル」と呼ばれるベルトコンベアのような機械の上を歩きながら、運動中の心拍数や血圧の上がり具合、心電図の変化などを診る検査です。安静時心電図では見つけにくい、虚血性心疾患の早期発見に役立ちます。

また、心拍数をもとに、その人にとって安全で効率のよい運動レベルをわかりやすくアドバイスします。生活習慣病の気になる方、これから運動を始めたいと考えている方は、ぜひ受けておきましょう。

この様な方は、測定をお勧めします。
  • 健康度測定受診者で、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙など、生活習慣病の危険因子のある方、これから運動を始めたいと思っている方。
  • 心疾患の疑いのある方、心電図に変化があるといわれた方の精密検査として医師に勧められた方。


関連ページ
生活を正して心臓病予防イラスト 生活を正して心臓病予防
心臓病は、脳卒中、がんとともに日本の三大死因に数えられる恐ろし・・・


運動処方では何をしているの?
運動処方イラスト 医師から指示された心拍数、運動強度といった数値が、日常生活ではどの程度なのかを運動指導員が具体的に指導します。

例えば「分速80メートルで歩くのがベスト」と言われてもピンとこない人もあるでしょうから実際に自分で歩いてもらい、歩いた時にからだに感じられる「これくらいだとちょうどいいかな」「汗をかいてくる程度がちょうどいい運動量なんだ」「息がはずみすぎたら、やり過ぎだ」などと、その感覚を体験して覚えてもらいます。それを週に何回くらい、一回当たり何分くらいやれば良いのかを処方します。


「虚血性心疾患」とは?
心臓の血管(冠動脈内)に動脈硬化が生じることにより、心臓の筋肉に十分な血液を供給することができなくなる病気です。動脈硬化をもたらすリスクファクター(冠危険因子)には高血圧症、脂質異常症、糖尿病、肥満、喫煙などがあります。

虚血と呼ばれる状況は、運動時の胸痛と心電図上の変化になって現れます。

時には症状を伴わない場合もあります。狭心症や心筋梗塞・症状を伴わない心電図変化を総称して「虚血性心疾患」と呼んでいます。


運動負荷測定で病気があるかどうかわかりますか?
100%わかるとは言い切れませんが、症状がない方でも、虚血性心疾患をもってらっしゃる方はいるのです。このようなかくれた虚血性心疾患を発見すること、危険性のある方を見つけだすことが一番大事な事だと思います。それがひいては心原性の突然死の予防や、心筋梗塞のような重篤な心疾患の予防につながるのです。


お申込み方法イラスト お申込み方法
 
対象
1.健康度測定受診者(1年以内)
2.医師から紹介された方(医師の依頼状と検査データを事前にいただきます)
3.特定健康診査(または同程度の健診)を1年以内に受診し、その結果を持っている方

実施日
毎週火曜日午後

費用
2,000円

予約方法
以下のいずれかの方法にて、ご予約下さい。
1.お電話にてお申込みください。受付電話番号:03−3410−9101 健康増進係まで
2.世田谷区保健センターの1階受付窓口で、ご予約ください。
 
健康増進
健康づくり教室・コース
健康づくりのための測定
健康づくり支援
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.